UP-BLOG 申し込みが止まらないブログの作り方 佐藤旭氏のレビュー

お勧め書籍,本

いつもありがとうございます。Webライター & ブログ運営アドバイザーのsatoshiです。

 

今回は、佐藤 旭氏の著書【UP-BLOG 申し込みが止まらないブログの作り方】をレビューしてみます。この本ですが、ブログを長く運営していくノウハウとコツが余すことなく書かれています。実際に、私が読んで感じたことを、素直に書いてみます。是非、最後まで読んでくださいね。では、はじめます。

 

 

UP-BLOG申し込みが止まらないブログの作り方

 

 

著者:佐藤 旭

監修:菅 智晃

出版:厚有出版(株)

初版発行:平成30年12月4日

 

この本では、帯に書かれている「あなたのブログをキャッシュマシーンに変える、正しいツボと手順を伝授」と、書かれている通りブログでお金を稼ぐ方法が、かなり具体的に書かれています。

 

もし、あなたが既にブログを始めていて、尚且つ先行きに不安を感じたり、思うような結果に結びつかない・・・等の悩みに直面しているのであれば是非、読んでもらいたい1冊です。

 

 

気になる本の中身は?!

著者の佐藤氏は、ブログ集客コンサルタントとしてご活躍されています。実際に UP-BLOG でブログの運営もされています。実際にブログを運営されてきた経験と、コンサルタントの業務で培った経験が1冊の本に詰め込まれています。

 

本編はChapter 1 ~ Chapter 6 までの6つで構築されています。それぞれのChapterがストーリーになっているので、最初からじっくり読むことで、【ブログを正しく運営する】ことが出来るようになります。

 

ネタバレになるとマズイのですが、次項で実際に私が読んで感じたことを素直に書いてみます。

 

 

 

実際に読んで感じたこと

私は元々、佐藤氏のブログとメルマガはじっくり読んできました。ブログやメルマガを読み始めた当時は、理解能力が著しく低かった私には難しく感じていました(笑)ですが、読み続けていると少しずつですが、理解できる様になりました。

 

佐藤氏はいつも、ブログの集客に関する内容で配信してくれているので、今の私はかなり参考にさせて頂きました。この本には、ブログやメルマガで書かれているよりも、遥かに詳しく書かれています。

 

実際に、私が感じたことは・・・

 

ブログ集客のノウハウが網羅されていた所です。他の本や教材でも一応、書かれているのですが、【UP-BLOG 申し込みが止まらないブログの作り方】では、それぞれの作業に合わせて段階的に細かく丁寧に書かれている事でした。

 

今まではぼんやりと理解しているつもりでしたが、この本を読んだことで、理解から確信に変わりました。人間、具体的なやり方が分かると、急激に作業したくなる生き物ですよね(笑)

 

私も早速、本の通りに作業を開始しました。ここまで、親切で丁寧な工程で書かれていると、慣れないせいか、少し難しく感じました・・・ですが、この感覚は恐らく一時的なモノだと思います。

 

その理由は、「単に作業に慣れていないだけ」だからです。繰り返し、本に書かれている通りの作業を繰り返せば、必ず身につくと確信できました。今は、慣れる為に毎日、特訓中です。

 

 

UP-BLOG 申し込みが止まらないブログの作り方がマスターできると・・・

ブログでお金が稼げるようになります。と、言うのも【ブログは正しいやり方で長く続けること】が、何よりも重要なのですが、本にも書かれているのですが、殆どの人はブログを長く続けることが出来ません。続けることが出来ない理由は人それぞれなのですが、「正しいやり方が分からない」との理由が大半だと思います。

 

ですが、この本では、ブログの正しいやり方についてかなり詳しく丁寧に書かれています。この事実を知っているのと、知らないのとでは、天と地ほどの大きな差が出てしまいます。

 

正しいやり方が分かってくると、ブログも自然に継続できる様になります。継続していく中での注意点や、ブログの修正方法も、この本の中で詳しく解説しているので、あなたはブログを止める理由は、激減すると思います。

 

 

是非、この本を読んで欲しい人・・・

次の様な悩みを抱えていらっしゃる人は迷わず読んでみてください。

 

・ブログでお金を稼ぐ仕組みをつくりたい人

・ブログ運営の正しいやり方が知りたい人

・ブログを長く続けていきたい人

・ブログで人と人との関わりを増やしたい人

・ブログでお金を稼ぎたい人

 

上記の内、1つでも当てはまれば是非、読んで欲しいです。実際に本を読んで実践するだけで、ブログに変化が出てくるのが分かると思います。

 

 

この本を読んでも無駄な人・・・

残念ながら、この本を読んでも無駄になってしまう人も居ます・・・

 

・とにかく仕組みの作り方だけが知りたい人

・読むだけ読んで、何も実践しない人

・1度読んで満足して、繰り返し読まない人

 

上記に当てはまる人・・・恐らく、この本は無駄になると思います。この手のノウハウ系の本は、繰り返し読みながら実践することで、少しずつレベルアップしていきます。この辺りの努力は必要なので、読んでみたくなったら、覚悟を決めてから手に取ってくださいね。

 

 

ブログの可能性は無限大

兼ねてから、私はブログには大きな可能性を感じていましたし、信じていました。この本を読むことで、いままで信じていたことが確信に変わりました。

 

この本に書かれている通り、素直に実践することで、ブログがキャッシュマシーンにすることが出来るんです。今は1つのブログかも知れません。ですが、ブログを2つ・3つ・・・と増やすことで、キャッシュマシーンも2つ・3つと増えていきます。

 

この様に考えると・・・これからの時代のブログの可能性は無限大だとあなたも感じて頂けると思います。

 

 

まとめ

今回は、佐藤 旭氏の「UP-BLOG 申し込みが止まらないブログの作り方」について私が実際に読んでみた感想を書いてみました。いかがでしたか?この本を読むことで、ブログの正しい運営方法が分かります。更にお金が稼げるブログを長く継続させることが出来るようになります。

 

もし、今のあなたがブログ運営に難しさや息苦しさを感じているのであれば、この本はきっと、あなたの役に立ってくれると思います。機会があれば是非、読んでみて下さいね。

 

 

 

編集後記

私は今年に入ってから、佐藤氏のブログとメルマガを読ませて頂いてます。読み始めた当初は、私の知識やスキルが超絶に未熟だったせいか、理解に苦しみました(笑)

 

ですが、今はほんの少しですが、知識が備わってきたので、理解出来るようになりました。更に、今回の書籍との出会いで、今まで理解してきたことが、更に深く理解出来たのは、今後の私の大きな武器になると確信しました。

 

これからも、佐藤氏のブログやメルマガも併せてじっくり読んでいきます。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事・ブログへの感想・ご意見・相談・お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 
Go to Next Stage~新しい舞台で自由になる~
メールアドレス*
氏名

不要だったら1クリックで解除できるので安心してくださいね。


ネット広告・マーケティングランキング

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたのクリックに感謝です。これからもがんばります。

投稿者プロフィール

satoshi
satoshi
Webライター & ブログ運営アドバイザー♪

現在、ブログの資産化に向けて執筆中です。

好きな言葉:【夢は願い続けて行動すれば必ず叶う!!】

今、本当に欲しい仲間とは・・・

・仕事仲間
・車イジリ仲間・音楽仲間・飲み仲間・カフェ巡り仲間
・自由な時間を一緒に楽しめる仲間
・・・etc

商品やサービスはお金で買えますが、本物の仲間はお金では買えません。
この仕事を通じて本物の仲間に出会える事を信じてがんばります。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

【 Ctrlボタン + Dボタン】

Go to Next Stage~新たなステージで自由になる~

新たなステージはアフィリエイトです。副業からじっくり始めて稼げる仕組みを作ってみませんか?この講座では、アフィリエイトで稼ぐ仕組みの作り方をお伝えします。副業からじっくり取り組めます。今なら仕組み作りの土台を特典として差し上げます。無料で参加できるのでこの機会に一緒に始めませんか?

プロフィール

name:Satoshi

age:47

add:hiroshima city

work:Webライター・ブログ運営アドバイザー

趣味:カーオーディオ・車弄り・音楽・ギターを弾く事

好きな音楽:Rockabilly・Rockn’ Roll・Country・Pops

好きな映画:グッドフェローズ・アンタッチャブル・フェイク・・・etc

好きな食べ物:玉ねぎ・人参・グリーンピース以外(笑)

好きな飲み物:コーヒー・コーラ・水・ビール

 

カテゴリー
人気記事
人気タグ
ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ