ドクター・デオのエアコン消臭スプレー【D172】を試してみた。

メンテナンス

前回から随分と日数が経過してしまいました。すみません・・・

ブログは放置していたのですが、車のエアコンのメンテナンスは取り敢えず完了したので、今回は最初に取り組んだ方法について書いてみます。

 

この記事を読むことで、あなたも気軽に車のエアコンのメンテナンスが出来ます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

最初のステップ

今回は「消臭スプレー」を使ってみました。恐らく、エアコンのメンテナンスの中では最も、簡単にできる方法です。

 

使ったのはこちらの商品です。

 

 

D172 ドクター・デオ エアコンスプレータイプ

特長

消臭成分に安定化二酸化塩素を使ってます。ロングノズルのスプレータイプでの作業なので、エアコン内部まで消臭剤を送り込めるので、強力な洗浄 + 消臭効果が期待できます。

 

 

カー用品量販店などでも見かけるヤツですね。使い方はとっても簡単です。次項で順番に解説します。

 

使い方

1.吹き出しを「Vent」にする

2.エアコンを「Recycle」にする(内気循環)

3.ファンのスイッチをオフにする

4.窓を全開にしてエンジンを切る

5.商品のノズルをエアコン吹き出し口から差込み、1秒間スプレーする。

6.エアコン吹き出し口の数だけ繰り返す

7.スプレー完了後、エンジンをかけ、ファンも始動させて5分以上換気する

 

手順は以上です。簡単ですよね?(笑)

 

 

作業する時のコツ

・窓ガラスは全開にすること

・スプレー噴霧は規定の時間(1箇所1秒間)で噴霧する

・スプレー完了後はしっかり換気すること

 

上記3つはしっかり意識しておいてくださいね。私は専門家ではないので、詳しい説明は出来ないのですが、こちらの製品の消臭成分の安定化二酸化塩素って・・・なんだかヤバそうな感じがしませんか?

 

なので、私は換気する時間を15分にしました。15分ほど換気することで、消臭スプレーの匂いは殆ど無くなります。使用後も安心です。換気する時間はあなた次第なので、メーカー推奨の「5分以上」は厳守してくださいね。

 

 

消臭スプレーのお勧めの使い方

今回の私の様に散々放置してしまうと、効果を実感するのは難しいのですが、日頃のメンテナンスの一環として捉えると、思った以上の効果が期待できそうです。

 

メンテナンスの一環として、私は月に1回もしくは、2ヶ月に1回位のペースで試してみます。結果の方は、引き続きこのブログでお伝えしますね。

 

 

作業完了後の感想

私が放置し過ぎてたのでしょうね・・・1回の作業では、匂いの完全除去とはなりませんでした。なので、翌日に同じ作業を繰り返しました。

 

初回の完了時よりは匂いは和らいだ感じがしました。今回は実験を兼ねているので、更に翌日・・・と、繰り返しました。結果として、この作業だけでは匂いの除去はできませんでした。ですが、気にならない位のレベルにはなったと思います。

 

なので、次回は別の消臭剤を試してみます。

 

 

 

今回のまとめ

・スプレータイプの消臭剤はお手軽で簡単

・簡単な分、頑固な匂いには太刀打ちできない

・作業する時には換気が重要

 

今回は「ドクター・デオのエアコン消臭スプレー【D172】を試してみた」をテーマに書いてみました。私の使ってみた感想も併せて書いてみました。いかがでしたか?

 

簡単なメンテナンスの部類に入るので、しっかり消臭できたら、今後は消臭効果を持続させるのにも使えそうですね。このページをご覧のあなたも、エアコンのメンテナンス始めてみませんか?

 

編集後記

今の私の車の使用頻度は恐ろしく低いです。にも関わらず、エアコンが臭くなってしまいました。過去の私はタバコを吸ってたので何をやっても車内は臭かった(汗)今回は大丈夫だろうと余裕をぶっこいてたのですが、大間違いでしたね。。。

 

エアコンも定期的なメンテナンスをすることで快適なカーライフが送れそうなので、今後はメンテナンスの項目に加えておきます。

 

以上です。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました