スポンサーリンク

「誰に・何を・どうやって」は記事を書く時に意識する重要なキーワードです。

2019年11月30日

 

記事を書く時に意識する、絶対に外せない3つのポイントがあるのはご存知ですか?

 

あなたが普段、コピーを書く時に意識しているポイントはありますか?!この質問をすると返ってくる答えの多くは・・・

 

・文章の構成

・言葉遣い

・過激な表現は避ける

 

多くの人がこの様な回答をしてくれます。上記の3点も、コピーを書く上で重要なポイントですが、実はこれよりも、もっと重要なポイントがあります。

 

そのポイントは・・・

・誰に伝えるのか

・何を伝えるのか

・どうやって伝えるのか

 

この3つです。この記事では、上記の3つのポイントの解説と、コピーを書く時に意識する理由について解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

目次

コピーを書く時に意識する3つのポイント

冒頭でも少し触れたのですが、コピーを書く時に意識する3つのポイントは次の通りです。

 

◆ 文章を書く時に意識する3つのポイント ◆

・誰に伝えるのか

・何を伝えるのか

・どうやって伝えるのか

この3つは、これからあなたがコピーを書く時に常に意識して欲しいポイントです。次項で、それぞれのポイントにちて解説します。

 

 

誰に伝えるのか

あなたが伝えたい情報(商品やサービスから様々な情報など)を、誰に届けるのかはかなり重要になってきます。この話をコピー初心者に伝えると、こんな答えが返ってきます。

 

「このページをみてくれる全ての人」

 

ごもっとも・・・なのですが、この考え方でコピーを書くと、あなたんpページを見た読者は「自分のことじゃない」と、無関心な状態にしかなりません。ですが「誰に伝えるのか」を明確にして、次のポイントを考えていきます。

 

 

何を伝えるのか

あなたが知っている事を伝えていくのですが、相手に「何を伝えるのか」を明確にしておく必要があります。その理由ですが、仮に同じ悩みだったとしても、悩んでいるポイントに違いがあるからです、

 

例えば、こんな感じです。

 

「ダイエットで成功したことがない40代の女性」で解説します。

 

こちらの女性は、過去に軽い運動や食事制限を試してきました。ですが、どれも長続きしなかったのです。その後も、新しいダイエットの情報を基に色々試したのですが、結果はどれも同じでした。元々、体を動かすことが苦手なので、運動については無関心でした。

 

上記の女性に、あなたならどんなダイエットに関する情報を届けますか?

 

これが正解です。と、言い切るつもりはないのですが、私なら「サプリ」をお勧めします。と、言うのも、その女性は今まで「軽い運動」や「食事制限」は試したけど、上手くいかなかった。更に体を動かすことが苦手だったからです。

 

次に届ける情報としては、相手からの反応をもらえる可能性は高くなります。

 

反対に「ダイエットジム」や「個別トレーナー」についての情報を届けたとします。恐らく、この女性は無関心もしくは、感情的になりすぎて以降、あなたの話に興味を示してくれなくなります。

 

「何を伝えるのか」はかなり重要なのが分かって頂けたかと思います。

 

 

どうやって伝えるのか

今の時代は様々なコンテンツで情報発信できる時代です。あなたが使うコンテンツによって、伝え方や表現方法が変わってきます。

 

情報発信のコンテンツとは「ブログ(Twitterなどの短い文章など)」・「動画」。「音声ファイル」・「メール」・「お手紙」・「書面」・「PDF(インターネット上の書面)」など、たくさんあります。

 

例えば、ブログの場合だと、読みやすく丁寧なコピーが求められます。SNSなどのツールを使う場合、文字制限がある所もあります。様々な制限内で、相手に伝えなければなりません。動画や音声も同じですね。ただ、思いついたことを喋るだけでは、伝わりにくいです。

 

じっくり相手と向き合って伝えるのか、普段の会話の中で軽く伝えるのか・・・相手との付き合い方にも左右される可能性も考えられます。

 

相手の状況に合わせたコンテンツでの伝え方をマスターする必要があります。その為にも前項までの2つのポイントが重要になってくるのです。

 

 

コピー初心者は「誰に」・「何を」・「どうやって」を最優先で考える

他にも考えるべきポイントはあるのですが、あなたがコピー初心者であれば、前項まででお伝えした「誰に」。「何を」・「どうやって」だけを考えてコピーを書いてください。

 

この書き方は基本中の基本になります。今回はコピーの書き方で解説したのですが、他の場面でも役に立ちます。例えば・・・

 

・家族との会話

。友人・知人との会話

・SNSなどでのコミュニケーション

上記の場面だと、あなたも想像しやすいと思います。どのシチュエーションも、相手にしっかり伝える必要性があるので、相手のことを考えて伝える内容を考えなければなりません。

 

お互いの関係に合わせた伝え方をすることで、確実に伝える事ができるのです。コピー初心者の間は、慣れるまで「誰に」・「何を」・「どうやって」を徹底的に意識してくださいね。この伝え方がスムーズになると、コピーを書くのがすごく簡単になります。

 

その為にも、早速今日からコピーを書き始めてくださいね。

 

 

今回のまとめ

今回は「「誰に・何を・どうやって」は記事を書く時に意識する重要なキーワードです。」をテーマに解説しました。例文を交えてお伝えしました。いかがでしたか?

 

コピー初心者の場合、思いつきで書くことが多いのですが、その中でも今回お伝えした「誰に」・「何を」・「どうやって」を意識することで、伝わり方は大きく変わってきます。

 

いきなり書けって言われても、上手く書けないので早速、今日から書く練習を始めてくださいね。この繰り返しで、あなたのコピーの変化に気づくと思います。

 

 

 

編集後記

私は、この伝え方を知ったのは、ブログを始めてしばらく経ってからでした。この書き方を知る前の文章は本当にメチャクチャで、人にみせるのが恥ずかしい位でした。(今でも怪しいコピーはあるのですが・・・苦笑)

 

実際にこの書き方を練習することで、コピーが安定してきたと実感しています。基本の書き方+コピーライティングのスキルを組み合わせることで、あなたのコピーで引き込まれる読者は増えます。

 

その為にも、この書き方で、書いて書いて書きまくって、あなたのスキルにしてくださいね。私も書きまくるので、あなたも一緒に書きまくりましょう。

 

 

では、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク