AIDAの法則と12のポイント。コピーライティングの基本です。

今回はセールスライティングの書き方についてお話します。コピーを書くに当たってもやはり基本の型があります。色んな型があるのですが今回は基本中の基本である【AIDAの法則】と、書く際の【12のポイント】についてを解説します。

【AIDAの法則】

数多くある型の1つになります。セールスライティングの基本型として覚えておきましょう。

【A】:Atention

最初の「A」はAttentionです。注意を惹くにあたります。お客さんの注意を惹く事から始まります。最初に注意を惹けなければ、その先の文章がどんなに素晴らしくても読んでもらえませんし、欲求を掻き立てる事すらできません。【何だろう?】と思わせるような書き方を意識してみてください。

【I】:interest

次の「I」はInterestです。興味を持たせる事。Attentionで注意を惹き、interestで興味を持たせる。凄く自然な流れですね。最初に注意を惹けなければ興味は持たせられないですし、次の段階に進めません。

【D】:Desire

次の「D」はDesireです。欲求を掻き立てる事。その商品を欲しいと思ってもらうと言う事です。

【A】:Action

最後の「A」はActionです。行動(購入)してもらう事。「今すぐお電話を」や「こちらをクリック」等が盛り込まれた文章で行動を促します。

 

この順番通りに文章を書く事でセールスライティングが構成されていきます。セールスしたい一心で最初の段階をすっ飛ばして欲求を掻き立てまくっても行動には繋がりません。

順番通り、注意を惹く→興味を持たせる→欲求を掻き立てる→行動(購入)させる。常にこのパターンを意識していきましょう。

 

【セールスライティング12のポイント】

①読み手主導にする事。

②押し出すメリットを整理する事

③短い段落に分ける事

④短い文章にする事。

⑤シンプルで簡単な言葉を使う事。

⑥専門用語を避ける事

⑦簡潔にする事

⑧具体的にする事

⑨まっすぐ本題に入る事

⑩フレンドリーな会話調で書く事

⑪グラフィックを使う事

⑫箇条書きを使う事

 

この12のポイントを意識して書くことでスムーズな文章が書けます。1つずつ解説します。

・読み手主導にする

メッセージには2種類あります。私主導の【ミー・メッセージ】とあなた主導の【ユー・メッセージ】です。私主導のメッセージ例は、「私〇〇会社の担当△△です。この度は弊社の□□に・・・」のような書き出しが「ミー・メッセージ」です。それに対して、あなた(読者)主導のメッセージ例は「あなたは〇〇でお悩みではありませんか?とてもつらいですよね。この商品が・・・」のような書き出しが「ユー・メッセージ」になります。セールスライティングの場合、あなた(読者)主導の書き出しを徹底します。

 

・押し出すメリットを整理する

色々アピールしたくなる気持ちはよく分かります。一度に沢山のメリットを伝える事は逆効果になり兼ねません。伝えたいメリットに優先順位をつけて伝えます。3つ位ならお客さんにも上手く伝わりますので優先順位を考えるクセをつけてください。他にも伝えたい事があれば一番最後に「こんな事も出来ます」や「こんな効果みあります」と付け加える事で更に効果が上がります。

 

・短い段落に分ける。

基本的にお客さんは文章を全部読みません。文章毎の段落を小分けにする事で全体的に読み易い文章構成を意識していきます。

 

・短い文章にする

伝えたい事は沢山ありますが、一度に多くの言葉を並べるよりも短い文章に分けた方が伝わりやすいです。どうしても長文になってしまう場合は句読点や接続詞を上手く使ってください。これだけで、伝わり方がかわります。

 

・シンプルで簡単な言葉を使う

読みやすくすると同時に親しみを込める効果もあります。例えば、「こちらの商品であれば、〇〇が可能です。」と伝えるよりも「こちらの商品であれば〇〇できます。」の方がシンプルでわかりやすいですね。少しあたたかくフレンドリーな感じも演出できます。

 

・専門用語は避ける

商品の性質上、どうしても専門用語が必要な場合もあるとは思いますが、お客さんは基本的に専門用語を並べられると興味が離れてしまいます。出来る限り専門用語は使わずわかりやすい言葉を意識してください。

 

・簡潔にする

強いメッセージにしたいせいか、難しい言い回し方になりがちです。回りくどい言い回しは逆効果になってしまいます。せっかく注意を弾いても、その先を読んでもらえなくなります。簡潔に書く事で興味を持たせ、欲求を掻き立てて行動させます。

 

・具体的にする

出来るだけ曖昧な単語は使わないようにする事です。例えば、「このメッセージはたくさんの方に配信しています。」だと、お客さんは具体的にイメージしにくいのですが、「このメッセージは53412人の方に配信しています。」の方がイメージしやすくなります。出来るだけ具体的に伝えることを意識してください。

 

・まっすぐ本題に入る

セールスと関係ない話から入らない事です。注意を惹く→興味を持たせる→欲求を掻き立てる→行動させる。この過程で進めるのですが、途中で余計な話を割り込ませないようにする事です。話の途中で余計な話題に触れるとお客さんの関心が逸れてしまいます。出来るだけ本題に沿って話を進めてお客さんの関心をキープさせる事を意識してください。

 

・フレンドリーな会話調で書く

広告はセールスマンで言う所のセールストークです。難しい言葉は使わずフレンドリーな会話調を意識してください。フレンドリーな会話調ですがタメ口や暴言、煽り口調等は絶対ダメです。この時によく「小学校5年生の生徒にも分かるように書こう」などといわれますが、そのくらいわかりやすい日常の言葉をつかいましょう。

 

・グラフィックを使う

文章の効果を高める為につかいます。具体的には写真・イラスト・グラフ・統計データ等の事です。特に物販の場合だと写真がない広告の方が珍しいですよね。どんなに言葉で説明しても写真1枚にはかないません。「一つの写真が千の言葉を話す」と言われるくらい写真は重要です。積極的に使いましょう。

 

・箇条書きを使う

【セールスライティング12のポイント】の下の冒頭の部分です。箇条書きにする事で項目がリスト化されます。人間はリストが好きみたいで、集中力を高める効果があると言われています。冒頭で箇条書きして、繰り返しで最後にまとめとして箇条書きで伝える方法もあります。

 

まとめ

・文章構成は【注意を惹く】→【興味を持たせる】→【欲求を掻き立てる】→【行動させる】の順番で構成する

・文面は【セールスライティング12のポイント】を意識しながら書く事

 

以上です。私の文章を見直すいい機会だった事を思い出しました。当時は売りたい一心で言葉使いは出来ていませんでしたし、言い回し方も回りくどく非常に読みにくい文章でした。今はブログ記事の更新で練習しながら、それなりに修正できました。更に上手く書けるようにこれからも書き続けます。

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

【Attention Please】

 

投稿者プロフィール

satoshi
satoshi
アフィリエイター&Webライター♪
現在、ブログの資産化に向けて執筆中です。

好きな言葉:【夢は願い続けて行動すれば必ず叶う!!】

今、本当に欲しい仲間とは・・・

・仕事仲間
・車イジリ仲間・音楽仲間・飲み仲間・カフェ巡り仲間
・自由な時間を一緒に楽しめる仲間
・・・etc

商品やサービスはお金で買えますが、本物の仲間はお金では買えません。
この仕事を通じて本物の仲間に出会える事を信じてがんばります。

カテゴリ:Copy Writing  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
Go to Next Stage~新たなステージで自由になる~

新たなステージはアフィリエイトです。副業からじっくり始めてみませんか?こちらの講座で先ずはしっかりした土台を作ります。土台が出来たら、あなたが進みたい方向に合わせて更に詳しくアドバイスしていきます。参加のお礼として土台作り用の特典も準備しました。この機会に無料で始めてみませんか?

プロフィール

name:Satoshi

age:47

add:hiroshima city

趣味:カーオーディオ・車弄り・音楽・ギターを弾く事

好きな音楽:Rockabilly・Rockn’ Roll・Country・Pops

好きな映画:グッドフェローズ・アンタッチャブル・フェイク・・・etc

好きな食べ物:玉ねぎ・人参・グリーンピース以外(笑)

好きな飲み物:コーヒー・コーラ・水・ビール

 

カテゴリー
人気記事
Tweet
お問い合わせ




最近のコメント
人気タグ

ページの先頭へ