スポンサーリンク

ライティングスキルは独学でも習得できる

2019年11月30日

 

ライティングスキルは今からでも習得できる。しかも、独学で学べるんです。

年齢・性別・住まい・・・全く関係ありません。あなたのペースで始めることができます。

 

 

これからの時代、ライティングのスキルが必須・・・と、言う訳ではないのですが、あった方がいいスキルなのは間違いありません。

 

ですが、ライティングのスキルを習得するには、学びが必要です。この話をすると、文章を書いている間にスキルは身につきそう・・・と、仰る人もいるのですが、果たしてどうでしょうか。

 

これが正解です。と、胸を張って言い切るつもいはありません。ですが、今までの経験から言わせて頂くと「学んだ方がスキル習得までのスピードが断然速い」が、私からの回答になります。

 

この記事では、ライティングスキルの学習方法について解説します。あなたが、この記事を読むことで、スムーズにライティングの学習が始められます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

[adsenseリンク広告]

 

目次

ライティングを学ぶ方法

ライティングを学ぶ方法は次の4つです。具体的に言うとこんな感じです。

 

◆ ライティング 4つの学び方 ◆

・他の人のブログやサイトから学ぶ

・本を読んで学ぶ

・専門の教材で学ぶ

・セミナー・塾・コンサル等で学ぶ

 

他にもありそうですが、私が体験したことがあるのが上記の4つです。次項で、それぞれの学び方について解説します。

 

 

他の人のブログやサイトから学ぶ

この方法が一番お手軽に学べる方法です。あなたがインターネットにアクセスできる環境があれば、いつでも何処でも学べます。

 

ですが、この学び方はデメリットがあります。先ほどお伝えしたいつでも・どこでも・お手軽に学べるのはメリットなのですが、同時にデメリットになる可能性があります。

 

と、言うのもあなたが見ている、ブログやサイトはどれ位信用できるのか?!と、言う点ですね。ブログやサイトに書かれている内容・・・このページをご覧のあなたが、既にライティングの知識が少しでもあれば、判断ができるかもしれません。

 

ですが、ライティング初心者だと、恐らく正しい判断は難しいと思います。この方法は、あなたが少しでもライティングを学んでから取り入れることをお勧めします。

 

 

本を読んで学ぶ

ライティング関連の本は、たくさん出版されています。もしかしたら、あなたも本屋さんで見かけたことがあるかもしれませんね。

 

ライティングに関しては、本で学ぶ方法が一番学びやすいと個人的に感じています。その理由ですが、本の古い・新しいの影響はあまり感じられないからです。ビジネス関連の本だと、古い本の場合だと、今では使えないノウハウや手法が載っていることがあります。

 

ですが、ライティングの本に関しては、使えないノウハウや手法は殆どありません。補足で説明しておくのですが、言い回しや伝える順番は、時代と共に変化しています。ですが、基本的なノウハウに変化はないので、安心してくださいね。

 

本だったら、数百円から学べるのは嬉しい限りですね。高額な本だと数千円~10000円以上と、かなり幅広いので選ぶ際にはじっくり見比べてくださいね。

 

 

専門の教材で学ぶ

ライティング専門の教材もたくさん出回っています。無料の教材から、有料の教材まで考えるとかなり、たくさんの教材があります。

 

教材選びのポイントですが、セールスコピーライティングに関する教材が多い印象です。私が気になったポイントはセールスレターの書き方しか学べない所です。

 

あなたが、ライティング初心者であれば、先にライティングの基礎を学んでから教材を手にすることをお勧めします。(教材の中には、ライティングの基礎から学べるモノもあるので安心してくださいね。

 

教材の費用ですが、数千円~が相場となっています。私は全てを試した訳ではないのですが、値段による内容の差はかなり感じました。

 

 

 

セミナー・塾・コンサル等で学ぶ

セミナー・塾・コンサルであれば、専任の講師が教えてくれます。セミナーや塾であれば、複数の人との同時進行が主流です。コンサルの場合だと、個別対応している所もあります。

 

専任の講師次第な所があるのですが、いつでも質問できる環境はすごくありがたいですね。いかにも、初心者向き・・・と、言いたいところですが、他所で学ぶ際にも気を付けて欲しいポイントがあります。

 

そのポイントとは「自分で考えさせられる事が多い」と、言うことです。ライティングに関しては、書くのはあなたなので、具体的なアドバイスはしにくいのだと思われます。ですが、ヒントとなることは教えてもらえます。

 

あなたのライティングスキルが上がってくると、ヒントを頼りに更にレベルアップ出来るでしょう。もし、あなたが将来的に、セミナーや塾・コンサルを・・・と、考えているのであれば、ライティングの基礎をある程度学んでから習うことをお勧めしておきます。

 

 

基礎から学ぶなら・・・

断然、本がお勧めです。その理由ですが、本の場合、数百円から学べます。僅かな金額から始められるのは、かなりのメリットですよね。

 

今の時代、様々なライティングの種類があります。それぞれの種類に合わせた専門書も数多く出版されています。

 

意外と楽しく感じたのは、本屋さんに行くことでした(笑) 本屋さんには、たくさんの種類の本があります。最初は、余りの種類の多さに圧倒されるのですが、通い慣れてくると、楽しさが倍増してきます。

 

常に新しい本が出ているので新鮮な気持ちになれます。

 

余談ですが、本屋さんはブログネタの宝庫です。(この件に関しては後日、別の記事でじっくりお伝えしますね。)

 

 

 

学んだら、すぐに書くこと

あなたが学ぶ際に一番気をつけて欲しいポイントがあります。そのポイントは「学んだら、すぐに書くこと」です。

 

その理由は、ライティングは学んだだけでは身につかないからです。ですが、学んだことを、実際に書くことで、確実にあなたのスキルになります。

 

あなたが学び始めた際には「学んだら、すぐに書くこと」は、いつも意識しておいてくださいね。

 

 

すぐに書くならブログが最適

実際に書く練習も様々なパターンがあります。

 

・ノート & ペンを使って書く

・学んだことを誰かに伝える

・SNS等のコミュニティで書く

・ブログに書く

 

上記の4つは、あなたも想像できたかと思います。せっかく学んだライティングノウハウも、書かなければ、身につきません。人は時間が経つと次第に忘れていく生き物です。

 

学んだ事をあなたの知識やノウハウとして蓄積させるためにも、学んだら、すぐに書く習慣を身につけてくださいね。

 

因みに、上記の4つの中だと、ブログがお勧めです。その理由ですが、ブログはあなたが辞めない限り、ずっと記録として残すことが出来ます。更に、ブログはいつでも修正や手直しが出来るのも大きな魅力ですね。

 

 

 

ライティングを学ぶと世界が変わる

少し大袈裟に感じるかもしれませんね。ですが、大袈裟でもなんでもありません。コピーライティングのスキルは「文章で人と人との信頼関係を築くためのスキル」です。

 

あなたが、伝える相手との信頼関係を築くことが出来るのです。あなたが築いた信頼関係は、もしかすると新たなビジネスチャンスに結びつくかもしれません。もしかしたら、過去に疎遠になってしまった仲間との、お付き合いを復活させることが出来るかもしれません。

 

他にも・・・あなたが気になる異性に、本当の気持ちを上手く伝えることだってできるのです。あなたの会社の業務でももちろん有効活用できます。上司や会社への報告書・プレゼン資料の作成等でも、凄まじい威力を発揮してくれます。

 

これから先のインターネットが主流となる時には、言葉で伝えるよりも、文章で伝える場面は圧倒的に増えてきます。その為にも、一刻でも早くライティングのスキルを学ぶことをお勧めしておきますね。

 

 

今回のまとめ

今回は「ライティングスキルは独学でも習得できる」について解説しました。4つの学習方法の詳しい解説と、ライティングを学んで得られること・将来の可能性まで併せてお伝えしました。いかがでしたか?

 

本文でもし越し触れたのですが、ライティングは「学ぶ + 書く」がセットになって初めてスキルとして身につきます。あなたが、ライティングの学習を始めたら「書く」ことも忘れずに実践してくださいね。

 

あなたがコピーに慣れてきた頃の変化は、かなりの衝撃を受けると思います。将来のあなたを楽しみに早速、今日からライティングスキルを学んでくださいね。

 

 

 

編集後記

私はライティングスキルを学ぶ順番を大きく間違えました。今となっては笑い話に出来るのですが、当時はかなり落ち込みました(笑) そのあたりのお話も、機会があればあなたにも、お伝えしますね。

 

ライティングを学ぶ順番を間違えたことで、私は大きな気づきを得ました。今の私の強力な武器になっています。これからも、私が得た武器をどんどん磨いて精度を高めていきますね。

スポンサーリンク