いつの時代もジーンズはLevisが定番モデルです♪

いつの時代もジーンズはLevisが定番モデルです♪

あなたにも好きなファッション・好きなスタイルの洋服がありますよね。こんな僕でも好きなファッションがあります。そのファッションがLevis(リーバイス)です。

 

中でも、Levisのジーンズが大好きで、遥か昔の学生時代から愛用しています。今回は僕が愛してやまないLevisのジーンズについて想いを綴ってみます。あなたが、この記事を読むことで、Levisに少し詳しくなれます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

Levisとは

1853年に、アメリカ合衆国のカリフォルニア州サンフランシスコで創業されました。有名なモデルは「501(呼び方は、ファイブ・オー・ワン)」です。

 

このモデルは今でも改良を加えながらお店に並んでいる人気の定番モデルですね。他にも特徴的なデザインのジーンズもあるので、見るのが楽しかったりします。

 

Levisの特徴はデザインだけではありません。実用向けに作られた商品なので、履き心地・耐久性も抜群です。ジーンズの記事も、伸びにくい加工が繰り返し施されているので、耐久性は今でも上がっています。

 

更に、伸びにくい素材の追求から、履き古しても大きな型崩れは少ない印象です。

 

 

日本の歴史と特徴

 

日本では1945年の敗戦後にアメリカ軍 (GHQ) が放出した古着の中の大量のジーンズ、そして一気に流入したアメリカの映画や音楽等が普及のきっかけとなった[要出典]。敗戦後の占領時代、闇市だったアメ横の店には、米兵相手の娼婦たちが客からもらった中古衣料を売り払いに訪れ、その中にあったブルーの作業スボンをその界隈ではGIパンツ、通称ジーパンと呼んだ[3]。日本人ではじめてジーンズを着用した人物は白洲次郎である[要出典]。外交官だった白州は1930年代にアメリカでジーンズを知り、戦後PXで購入したジーンズ姿で寛ぐ写真が1951年に公開され、日本中に知れ渡った[3]

1956年、日本で初めてジーンズを輸入販売したのは港区北青山一丁目に在った栄光商事(後のEIKO)である[要出典][注 1](その後は米軍やその家族の放出品であるセコハンジーンズを扱う店がアメ横に登場)ロカビリー歌手やGS(グループ・サウンズ)の人気グループ御用達の店として、また長きに渡って一般客にも愛された[要出典]。1957年には輸入衣料の規制が緩和され、栄光商事や大石貿易がリーやリーバイスと販売契約を結び、大量のジーンズが日本に流入した[3]

国産(日本での製造)のジーンズ生産の発祥としては[要出典]1958年に岡山県倉敷市児島のマルオ被服(現:ビッグジョン) が受託生産を開始[要出典]。マルオは学生服製造の傍ら、アメ横の米軍放出品販売店から持ち込まれるジーンズの丈直しを手掛けていた関係から、早くからジーンズ製造に関心が高かった[3]1960年にマルオ被服が日本で最初のジーンズの生産発売を開始。同年に千葉県の高畑縫製がジーンズのEIGHT-Gを生産販売した[要出典]。(「1961年に東京の常見米八商店(現:エドウイン)が初めての国産ジーンズを販売した」とする説もある[要出典]が、当時アメリカ中古ジーンズの販売を行っていた常見米八商店は息子をジーンズ生産の技術を学ぶために縫製会社の取引先であったマルオ被服に弟子入りさせていたので、エドウインが初の国産ジーンズを生産販売したという説はあいまいである。)

以上、ここまでは史実上少しあいまいな部分があるので、日本の国産ジーンズの起源と確実に呼べるのは、国産ジーンズの歴史上かかせない全国での初ヒットモデル「キャントン」である[要出典]。「キャントン」は、1965年にマルオ被服が、アメリカの中古ジーンズを販売していた大石貿易と取引のあったキャントンミルズ社のデニム生地を買い国内で生産発表したジーンズの名である。大石貿易はいち早くアメリカ産デニムの独占輸入権を取得しており、1964年にジョージア州の布地会社キャントンミルズをパートナーに東京工場で日本市場向けジーンズ「キャントン」を作り始め、その西日本での製造販売契約をマルオと結んだ[3]。当時の日本人には肌さわりが悪くゴワつくジーンズは受けいれられなかったため、マルオ被服 は「ワンオッシュ」という現在のジーンズ生産に重要となる技術を世界で初めて採用し、現在の日本製ジーンズだけでなく世界のジーンズ技術の礎となった。当初、マルオのワンオッシュジーンズは洗濯済みの商品を並べることに抵抗のあった百貨店からは拒絶されたが、1967年にマルオがビッグジョンのブランド名で米国コーンミルズ社のデニムを使った国産ジーンズをデビューさせると値段の手頃さもあって好調に売り上げた[3]。その後1971年には1500万本のジーンズが売れ、1973年には4500万本と日本国内のジーンズ市場は急拡大を見せた[3]。一方で、1970年に米国で布地の輸出が規制され、さらに1971年のニクソン・ショックによる円高でアメリカ産デニム生地は品薄・価格高騰となり、クラボウは広島のカイハラと組んで国産デニムを開発、アメリカ産と遜色ない出来に米国リーバイスからも発注を得た[3]。1972年にはリー・ジャパン(堀越商会)、ラングラー・ジャパン(ヴァン・ジャケット、東洋紡、三菱商事)が設立され、日本ブランドもビッグジョン、エドウィン、ボブソン、ジョンブル、キャピタル、ベティ・スミス、バイソンなど多数出揃い、1970年代半ばには大手三社だけで300億円近くを売り上げる市場規模に成長した[3]

現在の日本でのジーンズ生産量1位の地域は、岡山県である[4]。(岡山県はビッグジョン が所在している)[注 2]

1970年代以降は男性のみならず、若い女性もジーンズをはくようになった。1977年大阪大学でアメリカ人講師がジーンズを履いた女学生を教室から退室させたことから「阪大ジーパン論争」が起こった。この論争は「ジーパンは作業着で、女性には似つかわしくない」という講師と「ジーパンはもはやファッションの一部」という女学生の主張が真っ向から対立し、最終的に講師が阪大を去るという結果となった。

1980年代には1950年代のリーバイス501などビンテージジーンズのブームが始まり、アメリカの古いジーンズが大量に輸入され、1990年代には数十万円を超える高価で取引されるまで沸騰した[5]。それにともなって、ビンテージモデルを再現した新しいジーンズのリリースも始まった[5]。1980年にビッグジョンが日本初のセルビッジ・デニムを使ったビッグジョン・レアを発売(布幅の狭いセルビッジデニムは手間がかかり大量生産に向かないため本国米国では廃れていた)、売上的には失敗したが、そのセルビッジ・デニム開発を手掛けたクラボウはその自社デニムをフランスのブランドに販売、このフレンチ・ジーンズをきっかけに、1987年にはリーバイス・ジャパンはクラボウのデニムを使って自社の1936年型501XXのレプリカモデル701XXをリリースした[5]。大阪アメリカ村では、のちに「OSAKA5」と呼ばれる5つのショップが相次いでレプリカジーンズやビンテージの風合いを持つジーンズを相次いでリリースした(1982年田垣繁晴ステュディオ・ダ・ルチザン、1988年林芳亨ドゥニーム、1991年山根英彦エヴィスジーンズ、1992年辻田幹晴フルカウント、1995年塩谷兄弟ウエアハウス[6][5]。なお、セルビッジ・デニムを復活させたクラボウはその後も開発を続け、1985年に、大量生産時代以前のムラ糸(ジーンズ愛好者が好む「縦落ち」と呼ばれる色落ちを可能にする)を現代の技術で復活、セルビッジ・デニムでは日本は世界をリードするに至った[5][7]

こうしたビンテージにこだわるレプリカジーンズは世界的となったが、2007年にリーバイス・ストラウス社が日本のジーンズメーカー10社以上を商標権侵害で訴える騒ぎがあり、レプリカブームは過ぎ去った[8]。セルビッジデニムを使った高額なプレミアムジーンズのブームも終わり、2009年にはGUが990円のジーンズを売り出し話題となった[5]

*wikipediaより抜粋

 

 

日本では敗戦後から普及が始まったみたいですね。今でも定番スタイルのジーンズは多くの人から愛用されています。

 

僕も実際に愛用しています。愛用期間・・・実に25年くらいになるのかな・・・履き始めた当時からデザイン・履き心地に変わりがなかったころから、今でも愛用しています。

 

以前は色んなモデルを履いていました。今は落ち着いて、定番の「501」のみ愛用しています。昔、履いていたモデルも実は隠し持ってます(笑)

 

 

Levis 501とは

リーバイ・ストラウス社の代表的な製品。1890年に自社製品へのロットナンバー(品番)付番制度を導入したのをきっかけに誕生。501 は当時の最高品質デニム生地であるXX(ダブルエックス=エクストラ・エクシード)デニムを使用する製品に与えられた品番である。現在、501 は商標登録(ジーンズカテゴリー)がされており単なる品番ではなく商品名となっている(よって “501(R)[注 3]“と表記されることが多い)。縫製技術の進化等により細部に変更を加えられながら現在まで製造販売が継続されている。なお日本では主に「ごーまるいち」と呼ばれるが、英語での呼称は「ファイヴ・オー・ワン」である。特徴は前開きがボタンフライであること、使用しているデニム生地が防縮加工がされていないこと。このため洗うと数インチ(比率で言うと8%または10%)縮むことを考慮して購入するのが 501 を穿く上での常識である。この前時代的な特性をリーバイスは「シュリンク・トゥ・フィット」、つまり洗濯を繰り返すことで身体に馴染んで行くと説明している。このデニム生地はコーンミルズ01デニムと呼ばれ、一時期であるが腰部の紙パッチに 501-0117 (17は色コード。ブルーの 501 では他に13や15もある)などと印字された製品も流通した。しかし1980年代あたりからの多彩なバリエーション(洗い加工:同じ01デニムでも収縮率が小さい、異素材使用:例えばブラック・ホワイトはプリシュランクの06デニムまたは59デニム、色コード51(白)‐60(黒))の展開等により、既に「シュリンク・トゥ・フィット」の特徴を備えるオリジナルリジッドの 501 は 501(R) という製品の1バリエーションに過ぎなくなっている。なお、レディスモデルはアメリカ製が 17501または26501、近年のものは W501 という型番になる。また、かつてはステューデントモデルの 701(ヒップポケットが縦長)や、廉価版のオレンジタブ 20502 が生産されたり、ロングレングスのものが 1501や2501と表記された時期もある。かつては大部分をアメリカ、一部をイギリス、フランスで生産していたが、今ではメキシコ。、フィリピン、ドミニカ共和国等に生産が移管されている(2004年1月にアメリカの自社工場は閉鎖)。また旧型501の復刻版等の仕様が特別な製品の中には、アメリカ(外注)や日本で生産されたものもある[注 4]

*wikipediaより抜粋

大きん特徴は「フロント ボタンフライ」です。通常のジーンズだと、フロントはジップフライと呼ばれるジッパー形式なのですが、501はボタンフライになっています。

 

因みに、501がリーバイスの一番最初のモデルで、以降のモデルからジップフライモデルが追加されました。

 

 

個人的に履き続けたいモデルは「501」

ジーンズの特徴は。体型に合わせてフィットしてくれる印象です。その中でも「501」に関しては、僕の体系の変化に柔軟に対応してくれた感じがします(笑)なので、これからも履き続けたいモデルです。

 

アウターも基本的にどんな洋服でも合わせやすいので、普段使いから重宝しています。特に夏場なんかは、僕の手抜きファッションでも、普通に見えます。もし、あなたが体系にコンプレックスを抱えているけど、ジーンズを試したいと考えているのなら・・・是非、501モデルを試してくださいね。

 

 

 

今回のまとめ

今回は「いつの時代もジーンズはLevisが定番モデルです♪」をテーマに解説しました。リーバイスの歴史と、定番モデルの「501」についてもお伝えしました。いかがでしたか?

 

リーバイスはジーンズの歴史は長いので、履いている人も多い印象です。今ではたくさんのメーカー・ブランドがジーンズを取り扱っています。でも、履き心地はやっぱりリーバイスが1番だと感じています。

 

あなたが、ジーンズ購入でお悩みでしたら是非、リーバイスを試してくださいね。

 

 

 

編集後記

僕は今でも「501」を愛用しています。実は、約20年前の501が履けたので、合計3本の501を着まわしていたりします(笑)個人的にファッションには疎いのですが、501に合わせたファッションはこの歳でも意識したいと考えています。

 

このブログでも、色々取り上げていくので、引き続き読んでもらえると嬉しいです。よろしくお願いしますね。