カーオーディオ

車のスピーカーの基礎を知って使い分けよう

今回は、車のスピーカーの基礎について解説します。実は、車の中で考えると、音を聴くには環境的に不十分だったりします。この状態を乗り越えるためにも、まずはスピーカーの基礎を学んで欲しいとの考えから、この記事を書く事にしました。

 

この記事では、車のスピーカーの基礎から、使い分ける方法までじっくり解説します。あなたが、この記事を読むことで、スピーカーが選びやすくなります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

車体や仕様によって使えるスピーカーが変わってくる

車の車体や仕様に合わせて、スピーカーを選ぶ必要があります。一番多いのは、恐らくドアのスピーカーですね。車によっては、ドアに取り付けることが出来ず、ダッシュボードに埋め込まれているモノもあります。

 

 

 

基本的なスピーカーの種類は3種類

この記事で説明するスピーカーは3種類です。3種類とは次の通りになります。

 

3種類のスピーカー

・コアキシャルスピーカー

・セパレートスピーカー

・サブウーファー

 

他にもあるのですが、大きく分けると上記の3種類になります。次項で、それぞれのスピーカーについて解説しますね。

 

 

 

コアキシャルスピーカー

コアキシャルスピーカー1つのユニット(スピーカー)に、高音・中低音が出せる仕組みになっています。1つのユニットから高音・中低音が出てくるので、バランスがいいスピーカーと言う印象です。

 

 

コアキシャルスピーカーのメリット

1つのユニットで全体の音が鳴らせるので、簡単に取り付けられます。純正のスピーカーと交換するだけで、音の変化が楽しめます。

 

おう1点、スピーカーの金額も低めで設定されています。(メーカーのグレードによって大きく変わるので、金額で選ぶ際には注意してください。)

 

 

コアキシャルスピーカーのデメリット

ドアに付けた時に明らかになるのですが、音が足元から聴こえてきます。車を止めて聞いている時は、そこまで気にならないのですが、走行中だと、ロードノイズの関係ですごく聴きにくくあります。

 

 

 

セパレートスピーカー

セパレートスピーカーの特徴は、高音を鳴らす「ツイーター」と、中低音を鳴らす「ミッド」と、それぞれ専用のユニットになっています。

 

ミッドはドアに取り付けることが多いのですが、ツイーターを別の場所に取り付けることが出来ます。ツイーターを取り付ける場所次第で、アーティストがめのまえで歌ってくれている様な感覚が味わえます。

 

 

 

セパレートスピーカーのメリット

前項でもお伝えしたのですが、アーティストの歌声が正面から聴こえるのは最大のメリットです。他にも、音の調整が細かく出来るので、自分好みの音にしやすくなります。

 

 

セパレートスピーカーのデメリット

セパレートスピーカーのデメリットは、取り付けが困難な所ですね。と、言うのも最近の車はコンパクト化が進んでいるので、スペースに限りがあります。取り付けには少し技術が必要です。もう1点は、コアキシャルと比べると金額が高い傾向にあります。

 

 

サブウーファー

サブウーファーは低音専用で鳴らすスピーカーですね。低音をしっかり鳴らすことが出来れば、鳴らしている音楽の臨場感がリアルに再現されます。スピーカーでも低音を鳴らせるのですが、サブウーファー程のパフォーマンスは見込めません。

 

 

サブウーファーのメリット

サブウーファーのメリットは、前項でも触れたのですが、音の臨場感が出せる所ですね。臨場感が出てくると、音の輪郭が際立ちます。聴いていて心地いい空間になります。

 

 

サブウーファーのデメリット

選ぶユニットによっては、取り付けが難しくなります。ですが、今の時代のコンパクト化に合わせた商品もたくさんあるので、安心してくださいね。

 

 

 

スピーカーの選び方

ここでは、スペックに関しては除外します。(後日、改めて解説しますね)スピーカーの基本的な選び方いついて記載しておきます。

 

スピーカーの取り付け場所は基本的にドアの中になります。なので、使うスピーカーによっては、足元から鳴っているイメージになります。

 

そこで、重要になってくるのが「フロントドアのスピーカー」です。フロントドアのスピーカーは「セパレートスピーカー」を選んでください。理由は、ツイーターを別の場所に取り付けることで、音場が広がるからです。アーティストが目の前で歌ってくれている様な空間が演出できるので、お勧めしておきます。

 

リアドアのスピーカーはコアキシャルを選んでも大丈夫です。サブウーファーは、少し大きめのボックスタイプがお勧めなのですが、取り付けスペースの関係上、小さいユニットのサブウーファーもあるので、あなたの使い勝手に合わせて選んでくださいね。

 

 

 

スピーカー交換のいい所

音質が激変します。今まで聞こえてこなかった音が聞こえるので、よりリアルなサウンドが楽しめます。更に、大きな音でも聴きやすいのもメリットですね。(もっと、綺麗な音にするやり方は改めてお伝えします。)

 

 

他には・・・色んなジャンルの音楽が聴きたくなります(笑) 綺麗な音で聴く音楽は「どれも素晴らしい」と、言う感覚に見舞われます。新たな趣味につながるチャンス?!かも知れませんw

 

あなたの用途に併せて音楽を楽しんでくださいね。

 

 

 

今回のまとめ

今回は「車のスピーカーの基礎を知って使い分けよう」をテーマに解説しました。スピーカーも種類が分かると選びやすくなります。

 

これから、車の中で音楽をもっと楽しみたいと言う人であれば、最初の1歩としてスピーカー交換をお勧めしておきますね。是非、スピーカー交換後の音の違いを楽しんでくださいね。

 

 

 

編集後記

スピーカー交換・・・私のカーオーディオにハマったきっかけの作業でした・ですが、正直に言うと、私の最初のスピーカー選びは間違っていたのです。

 

ドア4枚全て「コアキシャルスピーカー」にしたせいで、足元で音が鳴っている状態でした(笑)今では笑い話にしています。交換後1週間でセパレートスピーカーに交換して落ち着きました。

 

このページをご覧のあなたは、フロントスピーカーには「セパレートスピーカー」を選んでくださいね。是非、純正との音質の違いを楽しんでください。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・意見・質問・相談はコチラ からご連絡お待ちしていますね。

 

にほんブログ村 車ブログ 車いじりへ

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ

あなたの応援に感謝します♪

-カーオーディオ

Copyright© Hobby & WorkのFree Styleブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.