カーオーディオ

カーオーディオは機材の交換とデッドニングで音質が劇的に変わります

カーオーディオにハマった当時は、機材だけ入れ替えたら音がよくなるモノだと信じていました。ですが・・・実は違っていたのです。

 

実際に、私が自分で弄って触って、ようやくたどり着いた答えがありました。その答えは「音を鳴らす環境」です。

 

この記事では、カーオーディオを綺麗な音で鳴らすための環境作りについて解説してみます。あなたが、この記事を読むことで、機材よりも環境が重要だと気づきます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

高音質のカーオーディオは車に不向き?!

車の中で聴く音楽に高音質は要らない・・・と、仰る人がいました。確かに車が走行中には、ロードノイズや風切り音などの雑音が入ってくるので、意外と聞きずらかったりします。

 

この事実から考えると、高音質のカーオーディオは車には不向き・・・なのかもしれませんね。

 

でも・・・車の中って数少ない自分一人になれる空間です。どうにか自分一人になれる空間を少しでも快適にしたいと思いませんか?(笑)

 

実は、車内を快適にする方法があるんです。次項で、快適空間にする方法について解説しますね。

 

 

 

車内に響くノイズの正体は・・・

走行中に「ゴォー・・・」と、言う音が車内に響き渡りますよね。この音の正体は、振動なんです。エンジンの振動・外からの風の影響で受ける振動・道路の起伏から生じる振動など、あらゆる所で振動が発生しています。

 

この振動が車内に響き渡る「ゴォー音」の正体です。

 

ゴォー音・・・どうにか抑えられないのだろうか・・・恐らく、このページをご覧のあなたはそう感じたと思います。

 

答えは「抑えることは出来ます」になります。次項で「ゴォー音」を抑える方法について解説しますね。

 

 

振動を抑える方法

専門用語で「デッドニング」と呼ばれる作業があります。この作業をすることで、車内の騒音環境は激変します。

 

デッドニングの作業は、制振材と呼ばれる材料で車内の振動を抑えます。他にも防音材や吸音材を使って雑音を軽減させる作業です。車内が静かになると、同乗者との会話も弾みます。

 

デッドニングの効果は車内の空間が快適になるだけではありません。カーオーディオの音質も劇的に変わるんです。この効果を知ってしまうと、デッドニングせずにはいられなくなります(笑)

 

 

 

どんな材料を使うの?!

少し気になってきた人もいるのではないでしょうか?(笑) この項では、デッドニングに使う材料に触れていきますね。

 

私が使った材料は次の3つです。

 

私が使った材料

・制振材

・吸音材

・ニードルフェルト

 

 

私は個別に買い足したのですが、最近はセットで販売されています。では、それぞれの材料について解説してみます。

 

 

 

 

制振材

制振材にも種類があるのですが、私が使った製品は「レジェトレックス」と呼ばれているモノです。製品の特長は、ブチルゴムと言う粘着剤を貼りつけて振動を抑えることができます。

 

この商品の素晴らしい所は、自分で好きな大きさにカットして使える所ですね。ちょっとしたスペースにも貼ることができますし、作業しにくい場所でも、小さく切ることで、無駄なく作業できます。

 

 

 

 

防音材

吸音材もたくさんの商品があります。その中で、私が使った吸音材は「エプトシーラー」です。この商品の特徴は、裏面がテープになっているので、作業がしやすいです。作業の割に、効果も高いのが特徴ですね。

 

エプトシーラーの詳しい説明は コチラ をご覧ください(日東電工のページに移動します。)

 

 

 

 

 

吸音材

吸音材にもたくさんの商品があります。私が使った吸音材は「ニードルフェルト」と呼ばれる材料です。どんなモノなのかと、言うと様々な繊維を集めて作られたスポンジの様なモノです。

 

グレーのスポンジみたいなモノ・・・見たことありませんか?!この商品は好きな大きさに切って貼りつけるだけなので扱いやすいです。

 

 

 

 

当時はセット販売されていなかったので、個別に買いそろえていました。でも、今はデッドニングキットとして商品化されています。デッドニングの材料は一通り揃っているので、初心者にお勧めです。

 

エーモン製のオールインワンモデル

 

 

 

車内の環境が整うと・・・

車内に響き渡る、振動音を抑えることで、劇的に静かになります。当然、カーオーディオも聞こえ方が変わってきます。

 

音の輪郭がはっきり聴こえてきます。更に、今まで聴こえなかった、微細な音まで聴こえるので、音源の臨場感が増します。

 

カーオーディオ好きに限らず、車に乗っている人には是非、チャレンジして欲しい作業ですね。

 

 

因みに、私は車内のほぼ全域にデッドニングしています。(手の届く範囲ですが・・・)中でも、一番驚いたのが天井のデッドニングです。

 

雨の音がかなり小さくなりました。走行中だと、フロントガラスに当たる雨音の方が気になる位になったのには驚きました。

 

トランクも勿論、デッドニング施工済ですが、ロードノイズはかなり減りました。特に高速道路を走ると効果がよく分かります。

 

 

 

自分で出来るので経済的

デッドニングの作業は難しく感じるかもしれませんが・・・実は自分でも充分できる作業です。基本的に製品を貼りつけて、圧着させるだけなので、わざわざ業者に頼まなくても施工できるのでお勧めです。

 

あなたも車内のデッドニング作業を試してみませんか?車内が静かになると、家族の対話も弾みます。お子さまも、車内でDVDを見る時に、集中してみてくれるようになったとの声もよく聞かれます。

 

カーオーディオが好きな人だと、大きな音で聴いても、音がビビることが無くなります。ボーカルの声・楽器の音・臨場感が劇的に増します。

 

材料代だけで出来る作業なのでお勧めしておきますね。

 

 

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・高音質のオーディオは車には不向き

・車内に響くノイズの正体

・振動を抑える方法

・振動を抑える材料(制振材・防音材・吸音材)

・車内の環境が整うと快適な空間に変わる

・自分で作業が出来るので経済的

 

 

今回は「カーオーディオは機材の交換とデッドニングで音質が劇的に変わります」をテーマに解説しました。車内を快適にするための作業と、使う材料についてもお伝えしました。いかがでしたか?

 

初心者でも自分で出来る作業なのでお勧めしておきますね。家族や仲間・同乗者とのドライブを楽しむ為にも、デッドニングにチャレンジしてくださいね。

 

余りの静かさにかなり驚くと思います♪

 

 

 

編集後記

私は音質アップの為にデッドニングしました。当時は、移動距離もすごく長かったので、音質アップと車内が静かになることで、快適な移動時間を過ごせました。

 

デッドニングをした時の写真が出てきたので、次回はデッドニングの風景をブログにします。是非、楽しみにしていてくださいね(笑)

 

他にも、車内を静かにする為にやった作業もあるので、随時ブログにしていきます。こちらも楽しみにしててください。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・意見・質問・相談はコチラ からご連絡お待ちしていますね。

 

 

にほんブログ村 車ブログ 車いじりへ

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

-カーオーディオ
-,

Copyright© Hobby & WorkのFree Styleブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.