読んでもらえるブログ記事を書くための3つのコツ。

いつもありがとうございます。satoshiです。

あなたも、そろそろ記事の書き方について悩み始めていませんか?

たとえば・・・

・ブログを開設して記事を書き始めたけど読んでもらえてるんだろうか・・・

・見よう見真似で始めたけどこのままで大丈夫だろうか・・・

・記事を書く時のコツがあれば教えて欲しい・・・

今回はあなたの悩みを解消する為に3つのコツについて解説します。是非、最後まで読んでくださいね。では、始めます。

基本的に読者は記事を読まない

いきなり衝撃的な事実をお伝えします。読者は基本的に、あなたの書いた記事は読んでくれません。先ずはこの事実を知っておいてください。あなたも、今までたくさん検索してきましたよね?その際に、検索結果に表示されたページ全部に目を通しまたか?

恐らく、全部の記事は目を通していませんよね?仮に、検索結果に表示されてクリックしたものの、必ず最後まで見るとは限りませんよね。。。それと同じなんです。

「じゃあ、ブログなんて書くだけ無駄じゃん!!」って思われるかもしれませんが、そうではありません。あなたも、検索結果から答えを探して最後まで読んだ記事はある筈です。その様な記事を書いていくだけです。

記事は工夫次第で読んでもらえる確率は上がります

文章が上手いに越したことはありませんが、ブログを始めたばかりの初心者に文章のスキルはハードルが高すぎます。ですが、それ以外で工夫できるポイントがあるので、今回は3つのコツとして詳しくお伝えします。

読んでもらえる記事を書くには3つのコツがあります。今回お伝えする3つのコツは文章スキルは関係ないので、今すぐ使えます。使いこなす為にも、しっかり読んで理解していきましょう。

読んでもらえる記事を書く3つのコツ

今回お話するのは、次の3つです。

①画像をつかう

②文字を装飾する

③改行・スペース・句読点を有効につかう

それぞれについて詳しく解説していきます。

画像をつかう

画像やイラストをつかう事で、さまざまな効果が見込めます。基本的にブログはPCやスマホで見るのですが、全てが文章ですよね。どれだけ画面をスクロールしても、文字・文字・文字の繰り返しです。

流石に、この繰り返しでは、どれだけ素晴らしい文章を書いたとしても、最後まで読んでもらえる確率は下がってしまいます。その為に、文章の途中に画像やイラストを取り入れます。

画像やイラストを取り入れることで得られる効果は、読者の目を休ませることが出来ます。あなたにも覚えがありませんか?内容が素晴らしい記事を見つけて読み始めたけど・・・何だか急に読み疲れて途中でページを閉じてしまった・・・1度や2度はこの様な経験があると思います。

画像やイラストを使ってページ離脱を防げるのであれば積極的に使いましょう。また、画像やイラストには使うモノにもよりますが、訴求効果もあります。最近では画像も加工できるので、訴求効果を高めることも可能です。

文字を装飾する

具体的に言うと、文字に色を付けたり、太字にしたり、枠で囲ったりすることです。文字を装飾することで、あなたの書いた記事が、読者にはメリハリの効いた文章に映ります。先ほどの項目と若干被るのですが、読み疲れを防ぐことも出来ますし、訴求効果を高めることも可能です。

私の具体的な使い方ですが、「ここは注目して欲しい!!」と、言う時に太字にします。クリックして欲しい所に色つけします。枠に関しては、幾つかのポイントを枠で囲んで整理してから、読者にアピールしています。色つけも文字の色を変えたり、文字の背景に色を付けたりしています。

装飾する際の注意点ですが・・・

余りたくさんの装飾は使わない方がいいです。私も試したのですが、太字・文字色3色・背景色つけ3色・枠付き・・・装飾のオンパレード記事を作ったのですが、読みやすいどころかガチャガチャして余計に読みにくくなってしまいました。

この辺の基準は人それぞれになるので、コレと言った正解はないのですが、3~4種類位が丁度いいと思います。因みに私は基本的に3種類で作っています。

余談ですが・・・

太字に関しては、検索エンジンへのアピールにもつながるそうです。なので、キーワードをメインに太字で装飾しています。キーワードだからと言ってむやみやたらと太字にするのは逆効果らしいので、ここぞと言う時だけ太字を使いましょう。

改行・スペース・句読点を有効につかう

これも読者の読み疲れやストレスを軽減させる効果があります。改行やスペース・句読点が全くない文字だらけの文章は圧迫感しか感じません。パッと見ただけで、そのページを閉じたくなりますよね(汗)

たった、これだけで読者から見放されるのは勿体無いので、改行・スペース・句読点は有効に使いましょう。これに関してもコレと言った正解はないので、私の使い方を書いておくので参考にしてください。

私の使い方の基準ですが、基本的に2行で改行しています。どうしても長くなる時で3行で改行します。で、スペースで1行空けます。内容によっては2~3行空けることもあります。段落や小見出しも使用頻度は高いかもしれません。句読点ですが、必ずしも国語で習った文法通りではありません(恥)ですが、読みやすくする為に、句読点の使用頻度は高めです。

たったこれだけの工夫で読まれる確率があがります

今回お伝えした、読んでもらえる記事を書く3つのコツですが、いきなり全部を使いこなせとは言いません。少しずつ取り入れながら使えるようになってください。普段のブログを書きながら練習していくだけで、自然にマスターできます。当然、意識しなければ何も変わりません。

焦らなくてもいいので早速、今日から始めましょう。また、これだけの工夫ができてくると、文章力も上がってきます。これまで何回も書いてきましたが、文章は書けば書くほど上手くなります。これは本当です。【読んでもらえる記事を書く】をしっかり意識しながら書いてくださいね。

参考記事

まとめ

・文章スキルに頼らなくても読んでもらえる記事は書ける

・画像やイラストをつかう

・太字や文字に色を付けたり、枠で囲って装飾する

・改行・スペース・句読点は有効につかう

・読んでもらえる記事にする為に工夫する

以上です。今回は読んでもらえる記事を書く3つのコツについてお話しましたが、いかがでしたか?特に文章スキルは必用ない項目なので、取り組みやすいと思います。是非、日々のブログ更新で使ってくださいね。

編集後記

文章スキルに関係なく他にも工夫している所があるので、また改めて記事にしてみますね。「工夫」に関しては発想力頼りですが、どれも無駄は無いと思っています。特にブログはいつでも修正できるので、思いついたら試せばいいのです(笑)どうしても、しっくり来なければ、修正すればいいですし、いざとなったら書き直せばいいだけです。余り深く考えすぎない程度で頑張っていきましょう。

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事・ブログへの感想・ご意見・相談・お問い合わせはコチラからお願いします。

e-mailアドレス: 
 

投稿者プロフィール

satoshi
satoshi
Webライター & ブログ運営アドバイザー♪

現在、ブログの資産化に向けて執筆中です。

好きな言葉:【夢は願い続けて行動すれば必ず叶う!!】

今、本当に欲しい仲間とは・・・

・仕事仲間
・車イジリ仲間・音楽仲間・飲み仲間・カフェ巡り仲間
・自由な時間を一緒に楽しめる仲間
・・・etc

商品やサービスはお金で買えますが、本物の仲間はお金では買えません。
この仕事を通じて本物の仲間に出会える事を信じてがんばります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする