スポンサーリンク

Webコピーライティングに大きな魅力と可能性を感じた男の挨拶です

2019年11月29日

私は「Webコピーライティング」に魅せられました。きっかけは、アフィリエイトからです。コピーライティングの事を知ったのは、今から23か月前のことでした。ある病気がきっかけで、会社員としての生活を断念しました。資金に余裕があるわけでもないので、自分で出来る仕事を探していたのです。その時に、出会ったのがアフィリエイトでした。

 

実は、以前にアフィリエイトにチャレンジしたことがありました。ですが、私の甘えた考えが原因で、お金を稼ぐどころか、かなりの損失を出してしまったのです。金額で言うと・・・アフィリエイトの諸先輩方みたいな数百万円・・・とまでは行かないのですが、数十万円の損失を出してしまいました。

 

過去に痛い目にあっているので、今回は慎重に取り組む決意をしたのです。退院した当日に、アフィリエイトの教材を手に入れました。教材の内容は、私のような初心者+PCのスキルも危なっかしい中年のオジサンでも、何だか出来そうだと夢が見れる位の簡単な内容でした。

 

その教材の中に「アフィリエイトに資格は必要ありません。ですが、あった方がいいスキルがあります。そのスキルはコピーライティングです。」との記載があったのです。

 

教材を実践する中で、ブログが上手く書けなくて日々、苦戦していました。そこで再度、コピーライティングのことを思い出しました。

 

 

 

目次

コピーライティングにチャレンジ

私はそもそも、文章なんて全く書いたことがありませんでした。過去に失敗したアフィリエイトで、少しだけ文章を書いた位です。会社員時代は、文字の汚さと、文章の乱雑さで、常に上司から怒られまくっていました。

 

そんな私の中での「上手い文章」のイメージは【新聞」だったのです。紙面いっぱいに文字をぎっしり詰め込むスタイルです。更に、出来る限り漢字を使って書く文章が手本だと確信していました。

 

 

アフィリエイト再チャレンジの最初の頃のブログ

実は、このブログのドメインで始めたのです(笑) 途中で色々なトラブルがあって、別のブログをメインに活動しています。ですが、今回は私が「Webコピーライター」にチャレンジするブログとして、最初い準備したドメインを使うことにしました。

 

話が逸れてしまいすみません。。。

 

当時、このドメインでひたすら記事を書きまくったことはよく覚えています。ですが、いざ積み上げた記事は・・・

 

・改行は殆どなし。

・可能な限り漢字

パッと見で「真っ黒」なイメージしか残らないブログになっていました。書いた私が、何だか読みにくさを感じていたのです。

 

 

他の人のブログと比べてみた

私のブログが余りにも読みにくかったので、他の人のブログを読んでみました。実際に読んだ瞬間、何だか違和感を感じました。と、言うのも改行がすごく多くて、ひらがなも凄く多かったのです。

 

スクロールの量の多さにも驚きました。ですが、心地よい読みやすさも感じられたのです。この時に読んだブログを書いた人の記事の中に「コピーライティング」と言う言葉がありました。教材で知った時と同じ衝撃が体中を走り抜けたのは覚えています。

 

 

実は既に2冊の本を持っていた

以前、アフィリエイトにチャレンジした時に、勧められて1冊の本を持っていました。更に、教材を買った時にも本を買いました。ですが、2冊とも全く意味が分からなかった。(今では物凄く参考になっています)

 

当時は全く分からない本に少し苛立ちました。この事がきっかけで、ライティングに関する本を買い漁りました。実際に読みながら書くのですが・・・やっぱり上手く書けないのです。

 

ですが、書けないから・・・との理由で諦めたくなかったので、ひたすら書きまくったお陰で、今の私があると確信しています。

 

ライティング関連の本が20冊に差し掛かろうとした時に・・・過去に買った本を読み返しました。すると、前に読んだ時には全く分からなかった内容が、少しずつ理解できる様になったのです。更に読み返しを進めました。

 

そこで、私の運命となる本に出会えたのです。この本がきっかけで、私はコピーライターへの憧れが強くなりました同時に、将来の大きな可能性と魅力も感じていたのです。(ライティングスキルを学習中に読んだ本は別の記事で案内しますね。)

 

更に、私が勝手に師匠と呼んでいる人の言葉がありました。その言葉とは・・・コピーライティングのスキルは「文章で人と人との信頼関係を築くスキル」と、仰っていました。

 

この言葉を聞いた時に、私のコピーライティングへの憧れは最高潮に達していました(笑) コピーライティングのスキルですが、当時の私はほんの少しだけ勘違いしていたのです。

 

勘違いの内容は「コピーライティング=モノを売る為だけのスキル」だと信じていたのです。周りの友達にコピーライティングの話をした時には猛烈な勢いで怪しまれました(笑)ですが、師匠の言葉でコピーライティングの大きな魅力に気づくことが出来たのです。1冊の本と、師匠の言葉で私は無我夢中でライティングのスキルを学びました。

 

ライティングのスキルは今も、全力で学んでいます。購入した本はライティング関連も含めると80冊くらいになっていると思います。これからも、知らない本があれば購入する予定です。

 

このブログを始めた目的

私がこのブログを始めた目的は「上手く文章が書けない」とお悩みの人に、文章を書く時のヒントやのハウから、書き方のコツまでを届けたいとの想いから始めることにしました。

 

私は、文章のスキルは最低レベルでしたが、1冊の本と師匠の言葉だけで、今ではやっと読めるレベルまでの文章が書けるようになりました。

もしかすると、今このページをご覧のあなたも、文章が上手く書けないもしくは、スラスラ書けない・相手に伝わる文章が空きたい・・・等のお悩みを抱えているのかもしれませんね。私の経験と学習スタイルから得られた「学び方」・「文章の書き方」・「文章を書く時の考え方」・「文章を書く時のコツ」はお伝え出来ます。

 

あなたが、真剣に文章を学びたいと本気で考えているのであれば、これからの更新を楽しみにしていてください。アッ!いきなり、私のことを信用してくれとは言いません。

 

なるほど!と、感じたことだけでも試してみてください。で、いつかは、あなたとじっくり話ができる間柄になれたらいいなぁ~・・・なんて想いを感じながらこのブログを育てていきますね。

 

 

 

今回のまとめ

今回は「Webコピーライティングに大きな魅力と可能性を感じた男の挨拶です」をテーマに軽く挨拶を交えて書いてみました。私の過去の恥ずかしい話も書いてみました。いかがでしたか?

 

文章スキルは最低レベルの私ですが、学びの繰り返しで書けるようになりました。このページをご覧のあなたなら大丈夫です。この機会に、私と一緒にWebコピーライティングを学んでみませんか?あなたのチャレンジを楽しみにしていますね。

 

 

編集後記

アフィリエイトに再チャレンジした当時は、本当に無知でした。よく居る「教材や本を買っただけで満足してしまう人」だったのです(笑) ですが、実際にブログを書き続けることで、今はブログを書くのが楽しくなっています。

 

恐らく、この作業はこれからも続くと確信しています。プラス、本を買うのも止められません(笑)私の読書遍歴も改めてお伝えします。今の私は、全く別人になりました。今後も、このスタイルでたくさんの文章を書いていきますね。

 

あなたも一緒に始めませんか?あなたのチャレジを楽しみにしていますね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

備忘録

Posted by billy_bop