画像を加工してオリジナル化する方法

いつもありがとうございます。satoshiです。

今回は簡単に画像を加工する方法について書いてみます。無料でできるので是非、あなたにもチャレンジして欲しいとの想いから、今回の記事になりました。過去に私も色々試したのですが、正直な所、上手くできませんでした。ですが、今回は私でもできたので、あなたにもお勧めしますね。恐らく・・・「こんな簡単でいいの?!」って感じると思います(笑)

是非、最後まで読んでください。では、はじめます。

[メルマガ]

簡単にできる画像加工

今回は「Photo Scape」と言うソフトを使います。

①ダウンロード後、インストールします。

デスクトップにこの様なアイコンが出ます。
②アイコンをクリックして起動させます。

③画像編集のアイコンをクリックします。

④画面が切り替わります。

1.左サイドバーより、画像を保存しているフォルダーを選択します。

2.一覧表示されるので、加工したい画像を選択します。
⑤画像のサイズを変更します。因みに、今回はブログの右サイドバーのメルマガ登録用の画像を作ってみます。

1.画面の左下付近にある「ホーム」のタグをクリックします。

2.「リサイズ」ボタンをクリックします。
3.リサイズをクリック後、別のウインドウが開きます。
4.画像の横幅を任意の数値で入力します。
5.数値を入力後、「OK」ボタンをクリックします。
⑥画像の大きさが変わりました。

*このままでは、作業がしにくいので、虫メガネのアイコンをクリックして拡大してください。

⑦文字を入力していきます。

1.画面左下の「オブジェクト」のタグをクリックします。

2.「T」のアイコン(テキスト)をクリックします。
⑧画面の左側に文字入力画面が開きます。

1.文字を入力します。

2.文字の書体・フォントを設定します。
3.文字の色を選択します。
4.文字の挿入位置を調整します。
  Xで横の位置を調整できます。
  Yで縦の位置を調整できます。
5.全て入力後「OK」ボタンをクリックします。
  *文章は1文づつ入力して位置を調整します。
⑨文字の入力が完成しました。

⑩間違いなければ、画面右下の「保存」ボタンをクリックします。

⑪保存画面が開きます。

⑫「名前をつけて保存」ボタンをクリックして任意のフォルダーに保存します。

⑬これで、画像加工は完成です。続いてブログに貼ってみますね。

こんな感じになりました。たったこれだけの事ですが、見た目のインパクトが変わってきますよね。因みにヘッダー画像も同じやり方で加工してみました。同じ画像を載せるにしても、オリジナルの文字が入ると、伝わりやすさにも違いが出てきます。

画像の加工をお勧めする理由

普通に画像を貼ることも悪くはないのですが、画像に文字を加えるだけで、強いメッセージになります。メッセージに合わせた画像を使えば、伝わり方も変わってきます。

今はネットで無料で画像が手に入ります。もしかしたら、他の人を画像が被ってしまうことも考えられます。そんな時に、画像を加工できれば、誰とも被らない、あなただけのオリジナル画像にできます。

これらの画像はネットではさまざまな場面で使えるので、これからは画像加工のスキルは断然、あった方がいいですよね。

まとめ

今回は画像の加工方法について具体的に解説しました。いかがでしたか?強いメッセージを発信する為にも、文章だけではなく、文章+画像の方が間違いなく伝わります。ライバルとの差別化にも使えますし、オリジナリティを演出できます。画像加工のソフトは無料で使えるので是非、積極的に取り入れてくださいね。

*アフィリエイトで使える無料サイトを集めてみました。

編集後記

私、これまでにも画像加工にチャレンジしたのですが、全く上手くできませんでした(汗)ですが、こちらのソフトはこれまで経験してきた物とは違いました。使い方はかなり簡単なので、今では普通に使える様になりました。因みに、今回の画像が完成するのに掛かった時間は、たったの10分です(笑)他のソフトは使い方を見ながらチャレンジしましたが、結局うまく出来ませんでした。悩みに悩んだ数時間が無駄に・・・

このソフトでどこまでの事が出来るのかはまだ未知数ですが、精一杯弄り倒してみますね。

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

[ラスト案内]

投稿者プロフィール

satoshi
satoshi
Webライター & ブログ運営アドバイザー♪

現在、ブログの資産化に向けて執筆中です。

好きな言葉:【夢は願い続けて行動すれば必ず叶う!!】

今、本当に欲しい仲間とは・・・

・仕事仲間
・車イジリ仲間・音楽仲間・飲み仲間・カフェ巡り仲間
・自由な時間を一緒に楽しめる仲間
・・・etc

商品やサービスはお金で買えますが、本物の仲間はお金では買えません。
この仕事を通じて本物の仲間に出会える事を信じてがんばります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする